【教員活動報告(稲見崇孝君):学術論文の掲載(2018-2)】

2018.07.24

体育研究所助教の稲見崇孝君の研究チームが投稿した学術論文がEuropean Journal of Sport Scienceに掲載されました。

『Foor posture alteration and recovery following a full marathon run』

 

この研究は2018-1の記事に引き続くフルマラソン後のリカバリーを

加速させることを最終的な目的とした論文で、

マラソンによって起こる足型の変化を定量化したものです。

前回の記事と同様に、足の形の回復にも一週間以上を必要とするようです。

 

詳細はコチラをご覧ください。