【日吉】講義Ⅰ スポーツコーチングとアスレチックトレーニング論(山内)

※春学期のみの授業です。
2 単位 春学期: 金3

実施場所

体育研究所講義室1

担当教員

山内 賢

担当教員から履修者へのコメント

コーチングは指導者と学習者が創る「話す」、「聞く」というコミュニケーションの心得です。よいコーチングは支援、安全、尊敬に関する知恵そのものです。そして、アスレチックトレーニングとは、安全に身心を鍛えるための傷害予防を基本とするトレーニングの考え方、思想、学問の事です。これらは、スポーツ現場が楽しくなる身体知やリーダーを目指す人の教養を育てる糧となるでしょう。本講義の目的は、指導者と学習者の双方が練習内容やレベルを共感しながら、最短の時間で最大の成果を得られるシステム的なコーチングプログラムを習得することです。この授業では、スポーツ現場における「コーチングの歴史や原則」、「練習計画(トレーニングを含む)の立て方」、「運動学」、「コーチングのテクニック」、「古今東西のスポーツ指導者の名言から学ぶプラス思考」をコーチングの分野で主に学びます。また、スポーツは楽しいものであるが、同時にスポーツには危険が存在するので、アスレチックトレーナーの役割である、現場の事故や怪我を事例にした危機回避の方法や対処法を授業内ディスカッションとワークショップを展開しながら学習する。