体育研究所について

3つの理念

教育 研究 スポーツ振興

体育研究所は、健康・スポーツに関する研究と教育を目的とした組織です。
塾生・教職員を対象としたスポーツイベント、スポーツに関するシンポジウムなど、スポーツの振興を目的とした活動も行っています。

所長挨拶

石手所長写真2013
体育研究所所長 石手靖

福澤先生は、「先ず獣身をなし而して人心を養う」という教訓を示されています。このことは、健康な身体と精神が必要であり、学問のみならずスポーツを実践し、高い人格を養うことの重要性を表しています。先生ご自身も実践されたように、まず健康な身体でありたいものです。

体育研究所では、体育科目の授業だけでなく、教職員や地域住民サービスプログラムなども含め、感動教育・体験教育の一助を担っています。諸君には、塾生生活でスポーツを実践し、義塾の気風を身につけ未来への先導者になってほしいと思います。

沿革

1948年 新制大学発足に際し大学で実施する保健体育科目について評議員会において 浅野均一君に一任

1949年 保健体育科目の実施
体育実技:基本体育・選択種目体育
体育講義:体育理論・保健衛生・特別講義
体育科目の決定機関として各学部長、各学部日吉主任、実技指導員会議長、体育会理事、専任教員で構成する体育委員会発足
三田塾監局の教務部に同居

1950年 体育科目日吉キャンパスで実施
日吉の米軍施設であったカマボコ兵舎(現在の食堂棟付近)に研究室
基本体育:陸上競技、柔道、バレーボール、バスケットボール、徒手体操、自動車の6種目を4週ずつ実施

1957年 第4校舎竣工に伴い、事務棟に移転(旧藤原工業大学校舎)

1958年 日吉記念館竣工

1959年 日吉体育館竣工
基本体育:徒手体操、バスケットボール、バレーボール、剣道、柔道、陸上競技、自動車の7種目中6種目を実施

1960年 日吉プール竣工
基本体育:徒手体操、球技(バスケットボールまたはバレーボール)、武道(剣道または柔道)、水泳、陸上競技、体操を4週宛実施

1961年 1月 大学体育研究所発足

1965年 基本体育:男子は徒手体操または陸上競技、球技(バスケットボールまたはバレーボール)、武道(剣道または柔道)の6種目のうち3種目及び水泳を実施、女子はダンス、バレーボール、バスケットボール、水泳を実施

1968年 基礎体力研究室設立

1975年 12月 大学体育研究所竣工 年間種目実施
基本体育
男女共通科目:体力測定、合同体操、水泳
男子Aコース:体操、剣道、バスケットボール
男子Bコース:陸上競技、柔道、バレーボール
女子共通科目:バレーボール、バスケットボール、ダンス
選択種目体育
男子38種目、女子17種目実施

1993年 大学設置基準の大綱化に伴うカリキュラムの改定に伴い、保健体育科目の大幅な改定
・セメスター制の導入
・1年から4年まで履修可能
・学生のニーズに合わせた多彩な種目の開講
体育実技Ⅰ(授業期間中の週1回実施)-28種目
体育実技Ⅱ(夏季、春季休業中実施)-40種目
・学生による授業評価の実施

1994年 本研究所の活動内容を教育・研究・サービスの3本柱に整理し、新たな活動を展開
研究分野:塾生の体力レベルに焦点を当てた研究プロジェクトの実施
サービス:塾生を対象としたスポーツイベントの開催(バスケットボール大会、サッカー大会)現在まで継続中

1995年 三田・綱町運動場で体育実技科目を開設
教職員対象フィットネス教室の開設(現在まで継続中)
トレーニングルーム、エクササイズスタジオの授業時間以外の開放(現在まで継続中)

1997年 文部省・平成9年度私立学校施設整備費補助金による身体運動解析装置の導入

1998年 シンポジウム「キャンパスライフとスポーツ」の開催(逐次開催)

1999年 開かれた大学、地域社会への貢献をテーマに公開講座「スポーツ&フィットネス」を開講(現在まで継続中)

2000年 「慶應義塾大学体育研究所プロジェクト研究報告2000」の発刊

2004年 保健体育科目のカリキュラム改定
・学科目名「保健体育科目」を「体育科目」に変更
・「保健衛生」と「体育講義」を一括して「体育学講義」に名称変更、
単位数を半期2単位に改定
・「体育学演習」の新設
・実技科目は、実施形態による「体育実技Ⅰ、体育実技Ⅱ」を廃止し、
新たに評価方法の違いによる「体育実技A」(A~Dの成績評価)、
「体育実技B」(Pass & Fail方式)を設置

2005年 「日韓スポーツ交流シンポジウム」の開催

2006年 3月 複合施設(仮称)建設に伴い移転(藤山記念館内)

2008年3月 体育研究所新棟(スポーツ棟)完成)

2008年6月 新棟完成記念フォーラム開催

2011年12月 体育研究所設立50年記念シンポジウム開催