2017 体育研究所・(公社)全国大学体育連合関東支部共催シンポジウムの開催

2017.10.23

この度、体育研究所では公益社団法人全国大学体育連合関東支部と共催で、

「オリンピック教育とスポーツボランティア 〜東京2020に向けた大学・教員・学生の関わり〜」

と題し、シンポジウムを行うこととなりました。

シンポジウム詳細はこちら ⇒ 体育研究所・(公社)大体連共催シンポジウム

【日時】2017年12月2日(土) 15:00〜16:30

【会場】慶應義塾大学日吉キャンパス 体育研究所(スポーツ棟)2階 会議室

【対象】オリンピック教育、スポーツボランティアに関心のある大学関係者(教員・職員・学生)

【シンポジストならびにタイトル】
・「オリンピック・パラリンピック教育と日本における展開 〜東京2020に向けて、そしてそれから〜」
 宮﨑明世(筑波大学)
・「スポーツボランティア教育の展望」
 二宮雅也(文教大学)
・「KEIOスポーツレガシー 〜東京2020オリンピック英国サポートを通じた”生きる力”を備えた人間育成プロジェクト
【KEIO 2020 project】」
 稲見崇孝(慶應義塾大学体育研究所)

【ディスカッサント】
・竹市 勝(国士舘大学・(公社)全国大学体育連合関東支部長)

【コーディネーター】
・福士徳文(慶應義塾大学体育研究所)

 

参加費無料、事前申し込み不要ですので、たくさんの方にご参加いただければと思います。