KEIO 2020 project

KEIO 2020 projectとは  〜コンセプトとこれまでの活動

慶應義塾大学は、横浜市・川崎市とともに英国オリンピック委員会(British Olympic Association:BOA)およびパラリンピック委員会(British Paralympic Association:BPA)と2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会に先駆けて行われる事前キャンプに関する契約を締結しました。KEIO 2020 projectは、BOA・BPA のオリンピック・パラリンピッ クに出場するアスリートが日吉キャンパスに滞在する期間をサポートする塾生主体のボランティ ア組織で2016年から活動しています。体育研究所は、KEIO 2020 projectの活動を積極的にサポートするとともに、塾生と【KEIOスポーツレガシー】構築のために活動しています。本プロジェクトは、2018年度2019年度の2年にわたり未来先導基金の採択を受けており、塾生らが”知り”、”考え”、”養う”過程で蓄積・形成される【人間の生きる力】を育成するプロジェクトです。

KEIO 2020 projectは、①選手をベストなコンディションで選手村へ送り出す、②横浜市、川崎市とともに地域を盛り上げる、③英国文化を受け入れ、日本(文化)の魅力を伝える、以上3点をコンセプトの柱として活動しています。このコンセプトのもと、具体的には、日吉キャンパスが受け入れる複数の競技種目に関係する選手、チームスタッフ、関係者らに対するスポーツボランティア活動を通して、KEIOスポーツレガシーを構築しようとするものです。上述した3つのコンセプトを、スポーツを【する】、【見る】、【支える】という3つの要素から包括的に捉え、2020年にBOABPAサポートを実際に行うまでに経験・実践しておくべき”準備”活動を幅広く行ってきました。そのすべての活動は、塾生主体で企画・運営されており、実現するまでの間に、創造力を働かせながら計画し(考え抜く力)、その中で自分の意見を伝えまたは相手の意見を傾聴し、柔軟に理解を深めるプロセスを経て(チームで働く力)、主体的に働きかけ、実行(前に踏み出す力)しています。本プロジェクト最大の特徴は、多角的にBOABPAをサポートするための課題を自ら知り、考え、養い、実践し、蓄積させる活動という点です。これらは、経済産業省の提唱する“社会人基礎力(前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)”を磨き、実践できる場ともなり得るものでもあり、まさに「未来への先導をつとめる、独立して生きる力と協力して生きる力を兼ね備えた人間の育成に資する事業」といえるものです。

SNS

担当スタッフ

大学教員: 石手 靖(教授)   所長
村山 光義(教授)  人文社会領域アンケート調査担当
村松 憲 (教授)        地域スポーツ振興教育担当
須田 芳正(教授)  内外オリンピズム教育担当
坂井 利彰(准教授) 内外オリンピズム教育担当
永田 直也(専任講師)ボランティア活動教育・障がい者教育担当
福士 徳文(専任講師)ボランティア活動教育・地域社会連携担当
稲見 崇孝(専任講師)国際交流・他教育機関ジョイント担当、プロジェクトコーディネーター
東原 綾子(助教)  ボランティア活動教育担当
一貫教育校連携: 小山亜希子(慶應義塾女子高等学校教諭)
中川一紀(慶應義塾普通部教諭)
事務職員: 千葉 徹(体育研究所 主事)
安成 眞衣子(体育研究所 事務職員)

KEIO 2020 project 活動報告

2017年度活動報告書

2018年度活動報告書

KEIO 2020 project 最新情報