プログラム

*プログラムの内容やタイムスケジュールは、変更する場合があります

16:00 特別講演(日本語キャプション付き動画配信)

Make more moments active – contribution of physical activity on the sustainable development goals(少しでも活動的にー SDGsへの貢献)
WHO西太平洋事務局ヘルスプロモーション部門 Technical Officer Riitta-Maija HÄMÄLÄINEN

17:00~19:00(ライブ配信)

  1. スポーツxSDG
    政策・メディア研究科教授 蟹江憲史
  2. システム×デザイン思考でヒトとマチを元気に
    システムデザイン・マネジメント研究科教授 神武直彦
  3. 身体活動に関する世界行動計画2018-2030 日本での展開と世界への発信
    スポーツ医学研究センター・健康マネジメント研究科准教授 小熊祐子
  4. オリンピックレガシーと健康−新しい日常で,どうやってスポーツを続けるか−
    スポーツ医学研究センター・健康マネジメント研究科教授 石田浩之

19:00~20:00

フリーディスカッション

16:30および休憩時間に配信予定

<関連の取り組みの紹介>
慶應義塾のオリンピック・パラリンピックレガシーを考える
学生ボランティア組織 KEIO 2020 project
ふじさわプラス・テンと身体活動に関する世界行動計画
健康マネジメント研究科学生ほか

主催

慶應義塾大学

担当:

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 大学院健康マネジメント研究科 大学院システムデザイン・マネジメント研究科  体育研究所 SFC研究所xSDG・ラボ 医学部スポーツ医学総合センター グローバルリサーチインスティテュート

後援

スポーツ庁、厚生労働省、神奈川県、横浜市、藤沢市、日本運動疫学会、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、NPO法人日本健康運動指導士会、公益財団法人横浜市スポーツ協会、一般社団法人慶應ラグビー倶楽部

シンポジウム問い合わせ先

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 慶應スポーツSDGsシンポジウム事務局
電話  045-566-1090 
FAX  045-566-1067 
keiosportssdgs@gmail.com