新着情報

【Activity report(稲見崇孝 君):学術論文の掲載(2020-2)】

2020.01.20

専任講師 稲見崇孝君の研究チームが投稿した学術論文がJournal of Science and Medicine in Sportに掲載されました。

『Changes in urinary titan N-terminal fragments as a biomarker of exercise-induced muscle damage in the repeated bout effect』

Yamaguchi, S., Suzuki, K., Kanada, K., Inami, T., Okada, J.

 

この研究は、従来 生化学マーカーの取得において必要であった血液サンプリングを尿から採取する手法を用いて遂行されました。

伸張性エクササイズによって誘発される筋損傷は繰り返しの運動により”慣れ(repeated bout effect:RBE)”ますが、

尿中に排出されるタイチン(Urinary titin N-terminal fragment:UTF)とRBEの関係は不明でした。

本研究によって、UTFがRBEの効果を敏感に反映していることを報告しています。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

【Activity report(稲見崇孝 君):学術論文の掲載(2020-1)】

2020.01.06

専任講師の稲見崇孝君の研究チームが投稿した総説論文が日本レーザー治療学会誌に掲載されました。

『硬化した筋の回復を加速させる方策 −経口補水液と特殊シューズを用いた戦略的リカバリー−』

稲見崇孝, 東原綾子, 中川剣人, 飯塚哲司, 前道俊宏, 吉村茜, 山口翔大, 深野真子, 伊藤瑳良, 神武直彦, 成田崇矢, 村山光義

 

この研究は、超音波エラストグラフィを用いて評価される筋の質的特性の概略と、

硬化した筋に対する戦略的なリカバリー方策(経口補水液と特殊シューズ)の知見について報告しています。

 

日本レーザー治療学会誌, 18(2): 42-47, 2019.

 

授業評価アンケート(2019年度秋学期分)

2019.12.23

このアンケートは、FD「 Faculty Development:大学教員の資質開発(授業内容、方法の改善・向上)」をめざして行われるものです。皆さんの意見を次年度以降の授業に反映させるとともに、今後の塾内のスポーツ振興に対して役立てる目的以外には用いませんので率直な意見をお聞かせください。

科目名を記入して下さい
担当教員名を記入して下さい
設問1 曜日時限を選択してください
設問2 実施地区を選択してください
設問3 自分はシラバスの内容に関心を持ち、この授業を履修した
設問4 教員は授業の目的および目標をわかりやすく説明した
設問5 教員の指導・教授方法は適切であった
設問6 教員はこの授業についての十分な知識を持っていた
設問7 教員は授業への学生の参加を促し、適切に助言した
設問8 教員の話し方は聞き取りやすかった
設問9 この授業は塾生にとってふさわしいものだった
設問10 この授業は自分にとって満足出来るものであった
設問11 この授業によって知識を深めることができた
設問12 この授業の目的・ねらいを十分理解できた
設問13 この授業の内容は興味のあるものだった
設問14 このクラスの雰囲気は良好であった
設問15 自分はこの授業に意欲的に取り組んだ
設問16 この授業は健康や体力の向上に役立った(実技のみ回答)
設問17 この授業によって運動技術が向上した(実技のみ回答)
設問18 運動量は適切であった(実技のみ回答)
設問19 配布資料やプレゼンテーションが適切であった(講義・演習のみ回答)
設問20 この授業を履修した理由・動機について記入してください
設問21 授業内容について記入してください(良かった事)
設問22 授業内容について記入してください(改善を要求することなど)
設問23 担当教員について記入してください(良かった事)
設問24 担当教員について記入してください(改善を要求することなど)
設問25 施設および機器・用具等について記入してください(良かった事)
設問26 施設および機器・用具等について記入してください(改善を要求することなど)
設問27 体育科目全般に関する意見および提案について記入してください

ご協力ありがとうございました。内容をご確認の上、回答ボタンを押してください。

【Activity report(稲見崇孝 君):学術論文の掲載(2019-6)】

2019.12.13

専任講師の稲見崇孝君が投稿した学術論文がCase Reports in Orthopedicsに掲載されました。

『Changes in the linear relationship between muscle contraction intensity and muscle hardness after rectus femurs muscle strain』

Inami, T., Shimizu, T., Osuga, T., Narita, T., Hirose, N., Murayama, M.

 

この研究は、筋出力と筋の硬さの直線的な関係が大腿直筋の肉ばなれを呈した際に

どのように変化するかと示したもので、一般に起こる直線的な関係は陳旧性肉ばなれを

呈したことにより崩れ、曲線になることを明らかにしました。復帰の目安を筋力のみで

決定することに警鐘を鳴らすものです。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

【Activity report(東原綾子 君):学術論文の掲載(2019-5)】

2019.12.13

助教の東原綾子君が投稿した学術論文がJournal of Sports Scienceに掲載されました。

『Hamstring muscles’ function deficit during overground sprinting in track and field athletes with a history of strain injury』

Higashihara, A., Ono, T., Tokutake, G., Kuramochi, R., Kunita, T., Nagano, Y., Hirose, N.

 

この研究は、陸上競技選手のハムストリングス肉離れ既往脚における全力疾走時の筋活動や走動作特性を分析することを目的に実施されたもので、過去にハムストリングス肉離れを受傷した脚において、全力疾走時の接地直前にハムストリングスの伸張を避けた動作や筋活動低下が認められ、競技復帰後であっても既往のあるハムストリングス自体の筋機能や伸張性が十分回復していない可能性を示しています。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

【Activity report(村山光義 君):著書の執筆(2019-1)】

2019.12.13

教授の村山光義君が執筆した原稿が著書「筋肉研究最前線〜代謝メカニズム、栄養、老化・疾病予防、科学的トレーニング法〜」に掲載されました。

『第6章 第4節 押し込み反力計測による筋硬度評価法の検討』

村山光義、内山孝憲

 

この著書は、筋肉の運動機能に焦点を当て、その構造から代謝など生理機能、老いと関連疾病、

予防のための機能性食品開発、効果的なトレーニング法などを紹介しています。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

【Activity report(東原綾子 君):学術論文の掲載(2019-4)】

2019.12.13

助教の東原綾子君の研究チームが投稿した学術論文がPLoS Oneに掲載されました。

『Japanese translation and modification of the Oslo Sports Trauma Research Centre overuse injury questionnaire to evaluate overuse injuries in female college swimmers』

Nagano, Y., Kobayashi-Yamakawa, K., Higashihara, A., Yako-Suketomo, H.

 

この研究は、日本女子体育大学ならびに早稲田大学との共同研究で、

オーバーユースに関する日本語版アンケートをスイマーに対して実施したもので、

信頼性や妥当性が実証されました。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

【Activity report(稲見崇孝 君):学術論文の掲載(2019-3)】

2019.12.13

専任講師の稲見崇孝 君の研究チームが投稿した学術論文がJournal of Strength and Conditioning Researchに掲載されました。

『Effects of Self-myofascial Release Using a Foam Roller on Range of Motion and Morphological Changes in Muscle: A Crossover Study』

Yoshimura, A., Inami, T., Schleip, R., Mineta, S., Shudo, K., Hirose, N.

 

この研究は、早稲田大学の広瀬統一教授とドイツUlm大学のSchleip教授らと行った国際共同研究で、

昨年ベルリンで行われたthe Fifth Fascia Research Congressにて研究優秀賞を受賞した研究を論文化したものです。

フォームローラーを用いてコンディショニングをする際の評価法について考察しています。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

【Activity report(稲見崇孝 君):学術論文の掲載(2019-2)】

2019.12.13

専任講師の稲見崇孝 君が投稿した学術論文がJournal of Sports Medicine and Physical Fitnessに掲載されました。

『Changes in muscle hardness after a full marathon appear different even intramuscularly』

Inami, T., Nakagawa, K., Fukano, M., Yonezu, T., Higashihara, A., Iizuka, S., Narita, T., Murayama, M.

 

この研究は、以前報告したフルマラソン後に起こる筋肉の損傷が下肢の様々な筋肉で不均一に起こる事象をさらに詳細に検討したもので、

一つの同一筋肉内であっても不均一に損傷が起こっていることを明らかにしています。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

【Activity report(稲見崇孝 君):学術論文の掲載(2019-1)】

2019.12.13

専任講師の稲見崇孝 君の研究チームが投稿した学術論文がJournal of Sports Science and Medicineに掲載されました。

『Stretching combined with repetitive small length changes of the plantar flexors enhances their passive extensibility while not compromising strength』

Ikeda N., Inami T., Kawakami Y.

 

この研究は、早稲田大学との共同研究で、微小な振動を加えるストレッチングによる柔軟性の効果を一般的な静的ストレッチングと比較したものです。

拡張された柔軟性は、前者では30分、後者では15分以内で保持されることを明らかにしました。

 

詳しくはコチラをご覧ください。